税理士がこっそり教える節税虎の巻

税金を還付してもらいます〜払い過ぎたぜい金を退職後に返してもらう〜 

実は払い過ぎている税金。その税金を退職後にしっかりと取り戻す方法を説明します。

サイトマップ

家は買う?借りる?

退職後の第二の人生において、毎月の予算の中でも大きなウェイトを占めるのは住居費です。



ご自分の持家のある方や、親の家に同居されている方には無い心配ですが、賃貸住宅にお住みの方にとっては、やはり大きな不安材料の一つでしょう。

特に都市部に住む場合は、生活費の中で住居費の占める割合はいやが上にも高くなってしまいます。

とはいえ、定年近くまで賃貸住宅に住み続けた方にとっては、今さら長いローンを組むわけにもいかないし、行く先の人生を考えても賃貸に住む方が安上がり、というような場合も考えられるでしょう。

持家と賃貸の優劣については、常々議論のあるところで、実際のところ、経済的な支出面のみで考えれば、持家を購入しても賃貸住宅に住んでも、あまり差は無いという試算報告もあるようです。

支出に差がなければ、どちらが得ということもないし、賃貸に住み続けたければそれで損はない筈ですね。

でも、これはあくまで支出面だけを見た時のお話です。

たとえば家というものを財産として考えた場合には、どうなるでしょう?

お気づきのように、財産価値として考えた場合、賃貸住宅と持家では、その価値には雲泥の差が広がってきます。

一戸建て、マンションに関わらず、もしあなたが家を購入すれば、たとえローンで少しずつ支払っているにせよ、その分だけ少しずつ、あなたの資産が蓄積されているのです。

ところが、賃貸住宅に住んだ場合、あなたが毎月支払う家賃は全て、大家さんのものになるだけで、1円たりともあなたのものにはなりません。

老い先長くもないのに資産を積んでも仕方がない、ついの住みかなんだから引っ越しも無ければ売買もないし、誰の資産であろうと関係ない、そう言えば言えなくもありませんが、老後とて、いつ何時急な出費が必要になるかもしれません。



家を持っていれば、もしもの時には家を売ったり担保に出したりして、お金を作ることができます。

独力で暮らせなくなったとき、老人ホームなどに移るための費用を作ることだってできるでしょう。

いずれも、賃貸住宅に住んでいたら真似のできないことです。

さらに、ローンを払い終えた後の持家は、固定資産税と管理費だけが必要な住居費となりますが、賃貸住宅の家賃の場合、固定資産税や管理費を含めた家賃を、永久に払い続けなければなりません。

言い換えれば、長生きすればするほど得するのが持家、長生きするほど損するのが賃貸住宅、ともいえるでしょう。

長く生きればそれだけ負担が重くなると考えると、賃貸住宅に住むのも気が重くなりますね。

結論的には、やはり家は購入して資産として持っておく方がよいということです。

賃貸に住み続けることを考えれば、何も高い新築物件でなくてもよいわけです。

中古のマンションなら、都心部でも1千万円台で十分購入できますし、郊外なら4〜500万円ぐらいでもそこそこの広さのマンションが手に入ります。

退職金で新築マンションは買えないかもしれませんが、中古マンションなら、おつりだってもらえるでしょう。

家賃の支払いの無い年金生活を想像してみてください。

毎日の辛い通勤からも離れ、利便性を考えなくてもよい年金生活なら、郊外に安い物件を見つくろうことも自由です。

最後に、持家と賃貸住宅それぞれのメリット、デメリットを簡単にあげておきましょう。

まず持家のメリットは、何と言っても資産価値、もしもの時の財産になること、長生きすればするほど負担が軽減されてお得になることです。

逆に持家のデメリットとしては、代金を支払ってしまうまでの負担が重いこと、容易に引っ越しができないこと、早死にした場合は損をすること、財産価値が下がる場合もあること・・などがあげられます。

賃貸住宅のメリットは、持家のデメリットの裏返しが多く、毎月の負担が一定していること、簡単に引っ越しができること、早死にすれば持家を購入するより得になること(あまり嬉しくないメリットですが・・)など。

賃貸住宅のデメリットは先にもあげたとおり、どれだけ家賃を払っても自分の資産にはならないこと、長生きすればするほど自己負担が重くなっていき、生涯にわたって家賃を払い続けなければならないことなどです。

税金還付
退職したらまずすること
団塊の世代は税金払い過ぎ
退職した年に再就職してなければ100%税金が戻ってくる
再就職すると還付有無がある
退職金の税金を払い過ぎてるかも
どういう人が退職金の税金を払い過ぎているか
平成18年以前に退職した人は定率減税分の税金が還付される
定年後のアルバイトは要注意
税金は申告しないと還付されない
サラリーマンの確定申告はいつでもできる
退職金の税金還付の裏技
自営業者とサラリーマン
年金はなるべく65歳以上でもらう
なるべく雇用保険をもらう
熟年夫婦の年金
離婚は節税?
税金のかからない年金?
無職になったら妻の扶養に
子どもの扶養になる
退職金をもらった年に社会保険料の前納をする
プチ起業で社会保険をお得に
プチ農家になる
雇用保険をしっかりもらう
雇用保険の支給期間を延ばす
税務署員の定年後
サラリーマンの税金を安くする方法
税金はシンプル
息子の年金払ってませんか?
節税忘れ:損害保険料控除
節税忘れ:生命保険料控除
節税忘れ:個人年金控除
シロアリ退治?
バツイチの節税
税金を取り戻す
家を売って損が出たら税金が安くなる
家を買い換えると税金が安くなる
マルサはサラリーマンにも来る?
相続税は金持ちの話?
財産は金で残さない
遺産の半分は配偶者
生命保険の名義
生命保険に相続税がかからない方法
2500万円まで贈与税なしで子どもにお金を贈与する方法
財産は居住用不動産に
毎年コツコツ相続税対策
お墓をつくる
遺言書の作成
相続対策をしていない人
不動産は名義を分散させる
海外に住所を移して退職金の住民税を払わない
家は買う?借りる?
住宅ローン控除
バリアフリー工事で節税
二世帯住宅の効用
二世帯住宅の賢い建て方
定年後の住む場所
退職金での不動産の買い方
投資用不動産は退職年に買う
税金天国の国
税金をしっかり取り戻す
レンタルビデオ?
60の手習いは税金で
親父バンドも税金で
補助金・助成金
勤勉民族
リンク集

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
ja 金利










税金を還付してもらいます All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。