税理士がこっそり教える節税虎の巻

税金を還付してもらいます〜払い過ぎたぜい金を退職後に返してもらう〜 

実は払い過ぎている税金。その税金を退職後にしっかりと取り戻す方法を説明します。

サイトマップ

退職金の税金を払い過ぎてるかも

もし、あなたの知らない間に不必要な税金を余分に払っていたなら・・・?



自分はまさか、と思っている人ほど、実は危ないかもしれません。

サラリーマンにとって、税金や年金などの納付は全て会社がやってくれるものだったはず。

全てお任せでお給料をもらっていたはずですね。

もちろん、退職金にかかる税金だって、会社が一通りのことはしてくれるようになっています。

お給料の場合は年末調整まで待たないと帰って来ない過払いの税金が生じますが、退職金の場合は支払われた時点での源泉徴収でぴったり収まることになっています。

サラリーマンの税金は、退職金まではたしかに全て会社が請け負ってくれるはずなのです。

「はず」とわざわざ書いたのは、ここに1つ、やっかいなワナが横たわっているからです。

退職金の税金は、実をいうと全てのサラリーマンにとって会社が自動的にやってくれるものとは限らないのです。

退職金の税金が源泉徴収の時点で正確に納税できるのは、ある特定の条件をクリアしている人だけなのです。

その条件とは、退職金が会社側によって正規の届け出を受けている場合です。

この条件を満たしてはじめて、その退職金の税金は、会社のやってくれる手続きだけで全て完結したことになるのです。

そうでなければ、せっかくもらった退職金から、あなたは正規の何倍という多額の税金を取られる羽目になります。

怖いのは、このようなケースは決して少なく無いという現実です。

表沙汰になることが少ないのは、税務署も会社も、このようなことについては口を閉ざしているからです。

知らないままに税金を納め過ぎてしまう人は、依然として後を絶ちません。

知らぬが仏、こういうことに関しては、自分で勉強して防衛していかないことには大損をしかねません。

さて、退職金の過払いを確かめるにあたって、まずは退職金の税金についてのシステムを復習してみましょう。

サラリーマンは普通、長い年月を会社のために尽くして働いた功績により、税金に関しても優遇されるようになっています。

お疲れ様のご褒美であると同時に、第二の人生を生きるための大切な資金ともなるのですから、無理もありませんね。



そういった優遇があるところには、必ずこれを悪用する人種も湧いて出ます。

いわゆる天下りといわれる官僚の方々をみれば分かりますね。

わずか2〜3年で退職されては次々に新しい職場へと移って行かれます。

税金で優遇された多額の退職金が繰り返し懐へ転がり込むわけですから、それはおいしい話でしょう。

さて、それはさておき、サラリーマンの退職金が給料と違って税金の面で優遇されているしくみについて、もう少し詳しく説明いたしましょう。

それは平たく言って、税金の割引き制度と考えるとよいでしょう。

それも、長い間同じ職場に勤めたその年数に応じた割引制度と思ってください。

例として、12年間働いたという人の場合を計算してみましょう。

この人が退職金1千万円をもらったとします。

サラリーマンの給料が1千万円だった場合、所得は約700万円とされるため、税率はこの700万円に対してかけられます。

でも、給料より優遇される退職金の場合、その税率はぐんと下がります。

勤務年数20年未満の場合の所得税の計算式、「(退職金−40万円×勤務年数)÷2=退職所得、退職所得×所得税率=退職金にかけられる所得税」に従って計算すると、退職所得は(1000万円−40万円×12年)÷2=260万円、給料所得の約3分の1でよいのです。

この退職所得にかけられる所得税は、260万円×税率10%−9万7500円=16万2500円となります。

これが、在職40j年、退職金3千万円の人の場合、勤務年数20年以上の計算式「(退職金−70万円×勤務年数+600万円)÷2=退職所得、退職所得×所得税率=退職金にかけられる所得税」にあてはめると、所得は(3000万円−70万円×40年+600万円)÷2=400万円。

3千万円をそのまま普通の所得として計算する場合は約2千500万円が所得とされるため、なんと6分の1以下というように大変優遇されていることがわかるでしょう。

ついでにこのケースの所得税も計算してみると、先ほど計算した退職金による所得400万円×税率20%−42万7500円=37万2500円が、この人の退職金にかけられる所得税となります。

これで、退職金にかかる税金が、たいへん優遇されていることがおわかりになったでしょう。

税金還付
退職したらまずすること
団塊の世代は税金払い過ぎ
退職した年に再就職してなければ100%税金が戻ってくる
再就職すると還付有無がある
退職金の税金を払い過ぎてるかも
どういう人が退職金の税金を払い過ぎているか
平成18年以前に退職した人は定率減税分の税金が還付される
定年後のアルバイトは要注意
税金は申告しないと還付されない
サラリーマンの確定申告はいつでもできる
退職金の税金還付の裏技
自営業者とサラリーマン
年金はなるべく65歳以上でもらう
なるべく雇用保険をもらう
熟年夫婦の年金
離婚は節税?
税金のかからない年金?
無職になったら妻の扶養に
子どもの扶養になる
退職金をもらった年に社会保険料の前納をする
プチ起業で社会保険をお得に
プチ農家になる
雇用保険をしっかりもらう
雇用保険の支給期間を延ばす
税務署員の定年後
サラリーマンの税金を安くする方法
税金はシンプル
息子の年金払ってませんか?
節税忘れ:損害保険料控除
節税忘れ:生命保険料控除
節税忘れ:個人年金控除
シロアリ退治?
バツイチの節税
税金を取り戻す
家を売って損が出たら税金が安くなる
家を買い換えると税金が安くなる
マルサはサラリーマンにも来る?
相続税は金持ちの話?
財産は金で残さない
遺産の半分は配偶者
生命保険の名義
生命保険に相続税がかからない方法
2500万円まで贈与税なしで子どもにお金を贈与する方法
財産は居住用不動産に
毎年コツコツ相続税対策
お墓をつくる
遺言書の作成
相続対策をしていない人
不動産は名義を分散させる
海外に住所を移して退職金の住民税を払わない
家は買う?借りる?
住宅ローン控除
バリアフリー工事で節税
二世帯住宅の効用
二世帯住宅の賢い建て方
定年後の住む場所
退職金での不動産の買い方
投資用不動産は退職年に買う
税金天国の国
税金をしっかり取り戻す
レンタルビデオ?
60の手習いは税金で
親父バンドも税金で
補助金・助成金
勤勉民族
リンク集

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
ローン カード 審査

























税金を還付してもらいます All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。