税理士がこっそり教える節税虎の巻

税金を還付してもらいます〜払い過ぎたぜい金を退職後に返してもらう〜 

実は払い過ぎている税金。その税金を退職後にしっかりと取り戻す方法を説明します。

サイトマップ

家を買い換えると税金が安くなる

さて、ローンを残したままでも家を売却でき、そこで出た損失が控除の対象になるという事を先の項目でお話しましたが、今度は家の買い替えについてのお話です。



先ほどの内容とちょっと似ていますが、家を買い替える時の損益分は、単に売却して出た損益分より税金でのメリットが高くなります。

今住んでいる家を手放して、新しい家に買い替えようとすると、手放す方の家については、購入時より価値が低くなる事は避けられません。

そのため、買換え時には譲渡損という損失が出てしまうのが普通です。

でもその損失分は、全額を所得から差し引くことができるのです。

5千万円で購入した家が3千万円で売れた場合を考えてみると、例えば売却額の3千万円から、減価償却費1千万円を差し引いた残りの1千万円が損失といったような計算になりますが、この損失額の1千万円がそのままの額で所得から控除されるのです。

実際はそんなに多額を一度に控除できない場合も多いと思いますが、そんな時には3年までは残りを繰り越して控除を受けられます。



一戸建ての住宅を中古で売却する際には、あなたがその家を利用したぶんだけ減価償却が必要となるため、特別の計算が必要になってきます。

そのあたりは不動産業者が専門なので、詳細は問い合わせてみるとよいでしょう。

もうお気づきかと思いますが、家屋の売却ではローン残高から売却額を引いた差額だけが対象だったことから考えると、このように買い替えをした場合は損失額の全額を控除できるので、より節税効果が高いといえるでしょう。

いずれにせよ、こういった多額の還付が見込める節税策をまるごと利用するには、多額の税金が課せられる必要があるわけで、退職して何年も経ってしまってからよりも、退職した年、または退職する数年前ぐらいが最も効果的なタイミングといえるでしょう。

もし住み替えの予定がおありなら、退職金が所得に上乗せされて所得税が跳ね上がる時を狙って家の買い替えをすれば、かなりの節税になるはずです。

ところで、滅多にないことかもしれませんが、もし手放そうとする家屋の価値が以前より上がっていた場合はどうなるでしょう?

なんと、買換えが目的で家屋の売却に利益があった場合、3千万円までは控除してもらえるのです。

何だかいいことづくしですね。

税金還付
退職したらまずすること
団塊の世代は税金払い過ぎ
退職した年に再就職してなければ100%税金が戻ってくる
再就職すると還付有無がある
退職金の税金を払い過ぎてるかも
どういう人が退職金の税金を払い過ぎているか
平成18年以前に退職した人は定率減税分の税金が還付される
定年後のアルバイトは要注意
税金は申告しないと還付されない
サラリーマンの確定申告はいつでもできる
退職金の税金還付の裏技
自営業者とサラリーマン
年金はなるべく65歳以上でもらう
なるべく雇用保険をもらう
熟年夫婦の年金
離婚は節税?
税金のかからない年金?
無職になったら妻の扶養に
子どもの扶養になる
退職金をもらった年に社会保険料の前納をする
プチ起業で社会保険をお得に
プチ農家になる
雇用保険をしっかりもらう
雇用保険の支給期間を延ばす
税務署員の定年後
サラリーマンの税金を安くする方法
税金はシンプル
息子の年金払ってませんか?
節税忘れ:損害保険料控除
節税忘れ:生命保険料控除
節税忘れ:個人年金控除
シロアリ退治?
バツイチの節税
税金を取り戻す
家を売って損が出たら税金が安くなる
家を買い換えると税金が安くなる
マルサはサラリーマンにも来る?
相続税は金持ちの話?
財産は金で残さない
遺産の半分は配偶者
生命保険の名義
生命保険に相続税がかからない方法
2500万円まで贈与税なしで子どもにお金を贈与する方法
財産は居住用不動産に
毎年コツコツ相続税対策
お墓をつくる
遺言書の作成
相続対策をしていない人
不動産は名義を分散させる
海外に住所を移して退職金の住民税を払わない
家は買う?借りる?
住宅ローン控除
バリアフリー工事で節税
二世帯住宅の効用
二世帯住宅の賢い建て方
定年後の住む場所
退職金での不動産の買い方
投資用不動産は退職年に買う
税金天国の国
税金をしっかり取り戻す
レンタルビデオ?
60の手習いは税金で
親父バンドも税金で
補助金・助成金
勤勉民族
リンク集

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
銀行 借入



税金を還付してもらいます All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。