税理士がこっそり教える節税虎の巻

税金を還付してもらいます〜払い過ぎたぜい金を退職後に返してもらう〜 

実は払い過ぎている税金。その税金を退職後にしっかりと取り戻す方法を説明します。

サイトマップ

税務署員の定年後

退職後の第二の人生には、その人のそれまでの職業も少なからず影響をあたえます。



例えば確定申告でもお世話になる税務署員の場合、勤続21年以上あれば税理士資格が取れるので、それはもう税務署員OBの受け皿のためにできた資格なんじゃないかと噂されるぐらい、退職後は税理士になる方が多いのです。

もちろん、外部から試験を受けて合格される方もありますが、元税務署員の役得が活かせるよう本来は相当難易度の高い試験を用意しており、それでも突破する人々が出てきたのは当初の思惑外だった・・とまで言われています。

なにしろハードルの高い職業である事だけは確かで、今でも税務署OBが税理士人口の大半を占めているといいます。

万人に関わり、なおかつ高度な専門性を必要とする税金のスペシャリストとして、税理士は常に引く手があり、資格さえあれば2つや3つの顧客は見つけられるので、定年退職者がぼちぼちと営んでいくには居心地よい職業なのです。

税務署員に限らず、実はこういった資格は公務員の世界にたくさん存在しています。

例えば、司法書士とか行政書士なども、それなりの勤続年数を超えた公務員に与えられる特権のようなものですし、悪名高い天下りなんていうのも、つまるところは同質のものといえるでしょう。

定年後の身の振り方に困らないように、周到なシステムができあがっているのです。

で、それにはちゃんと理由があります。

公務員は、一般のサラリーマンに比べ、再就職するのが難しいのです。

なぜかというと、常に上から目線で人々に接してきたつけで、彼らには他人に頭を下げる習慣がないために、民間の雇い主からは見向きもしてもらえないからです。

ビジネスを営むうえで能力に劣るため、民間の職場ではやっていけないという事を、色んな資格や天下り先を自分たちの退職後の受け皿のために用意している彼ら自身が、実は一番良く知っているのかもしれませんね。

税金還付
退職したらまずすること
団塊の世代は税金払い過ぎ
退職した年に再就職してなければ100%税金が戻ってくる
再就職すると還付有無がある
退職金の税金を払い過ぎてるかも
どういう人が退職金の税金を払い過ぎているか
平成18年以前に退職した人は定率減税分の税金が還付される
定年後のアルバイトは要注意
税金は申告しないと還付されない
サラリーマンの確定申告はいつでもできる
退職金の税金還付の裏技
自営業者とサラリーマン
年金はなるべく65歳以上でもらう
なるべく雇用保険をもらう
熟年夫婦の年金
離婚は節税?
税金のかからない年金?
無職になったら妻の扶養に
子どもの扶養になる
退職金をもらった年に社会保険料の前納をする
プチ起業で社会保険をお得に
プチ農家になる
雇用保険をしっかりもらう
雇用保険の支給期間を延ばす
税務署員の定年後
サラリーマンの税金を安くする方法
税金はシンプル
息子の年金払ってませんか?
節税忘れ:損害保険料控除
節税忘れ:生命保険料控除
節税忘れ:個人年金控除
シロアリ退治?
バツイチの節税
税金を取り戻す
家を売って損が出たら税金が安くなる
家を買い換えると税金が安くなる
マルサはサラリーマンにも来る?
相続税は金持ちの話?
財産は金で残さない
遺産の半分は配偶者
生命保険の名義
生命保険に相続税がかからない方法
2500万円まで贈与税なしで子どもにお金を贈与する方法
財産は居住用不動産に
毎年コツコツ相続税対策
お墓をつくる
遺言書の作成
相続対策をしていない人
不動産は名義を分散させる
海外に住所を移して退職金の住民税を払わない
家は買う?借りる?
住宅ローン控除
バリアフリー工事で節税
二世帯住宅の効用
二世帯住宅の賢い建て方
定年後の住む場所
退職金での不動産の買い方
投資用不動産は退職年に買う
税金天国の国
税金をしっかり取り戻す
レンタルビデオ?
60の手習いは税金で
親父バンドも税金で
補助金・助成金
勤勉民族
リンク集

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
日本銀行 金利



税金を還付してもらいます All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。