税理士がこっそり教える節税虎の巻

税金を還付してもらいます〜払い過ぎたぜい金を退職後に返してもらう〜 

実は払い過ぎている税金。その税金を退職後にしっかりと取り戻す方法を説明します。

サイトマップ

プチ起業で社会保険をお得に

退職後の悠々自適の生活といえば、何か趣味を活かした小さなビジネスを起こしてみたいという夢をお持ちのかたもいらっしゃることでしょう。



隠れ家のようなショットバーや、趣味で集めたアンティークの並ぶカフェ、好きな物に囲まれたガレージでバイクの修理・・・定年退職とともに、叶えたくても叶えられなかった脱サラの夢を、プチ起業で実現できるとしたら・・?

年金という生活の後ろ盾がある今こそが、その時かもしれません。

なにしろ、しゃにむに利益をあげる必要もなく、赤字になる事さえおさえられれば、別に儲からなくてもよいのです。

老後の楽しみという言葉どおり、道楽で商売ができる恵まれた立場といってもよいでしょう。

もし赤字になって続けていくのが困難とわかれば、さっさとお店を畳んでしまうこともでき、働き盛りの起業のように深刻な打撃をこうむることもありません。

1度しか無い人生、もし夢をお持ちの方がおられるなら、退職後こそがそのチャンスといえましょう。

もし起業を企てるなら、ぜひ会社にしてしまうことです。

社会保険も使い方次第で、のれんを降ろした後の保障として後々まで良い思いができるでしょう。

もちろん、気をつけなければならない事もあります。

若いころとは違い、体力も気力もそんなには残っていませんから、とにかく無理をしないようにする事です。

欲張って儲けようと考えないことです。

間違っても、退職金をまるまるつぎ込んで一発当てようなんて考えてはなりません。

あくまでも、道楽を兼ねたプチ起業から逸脱しないことです。



うまくいって勝手に大儲けできてしまう事もなくはないでしょうが、それは結果ということで、最初から狙うものではありません。

あなたの老後を潰さないためにも、「借金するなかれ」、「儲を狙った投資をするなかれ」、この二つのタブーを絶対に侵さないようにしましょう。

ところで、節税についてのお話の中で、定年退職者の起業について語っているのには理由があります。

起業=会社を作ることで、あなたは再びその会社のサラリーマンになれるのです。

それはつまり、給料をもらい、社会保険に入って将来の年金額を増やし、また医療費などの優遇を受けたり、雇用保険に入ることだってできるということです。

自分の会社なので、自分で自分に給料を払う形になりますが、得にもならない代わりに損にもなりませんし、なんといっても雇用保険の制度上、半年もそうやって自分に給料を払っていれば、もう3か月分の保険を受け取る資格が取れるのです。

こうして会社をたたんだ後も、雇用保険を受けることができるのです。

楽しみ、生きがいと割り切ったとしても、おいしい話ですね。

ただ、これにも一つ大事な注意事項があります。

起業するとしても、あなたが社長になってはいけません。

なぜかというと、社長になったら雇用保険に入ることができないからです。

親戚、友人と話し合いながら、共同出資の会社がよいでしょう。

社長には、どなたかなりたい人になってもらいます。

小さなワンルームでも良いので一部屋を専用にして、その管理をする会社だってよいでしょう。

今どきは会社を作るのもいたって簡単です。

なにしろ1円以上あれば資本金として成り立つのです。

もう少しきちんとしたい場合には、司法書士に相談して登記費用などを支払うことになりますが、それとて30万円もあれば事足ります。

大原則だけは忘れないようにして、楽しみながら経営してみるのも一興かもしれませんね。

ただしその際は、くれぐれも周囲の人々の理解と協力を忘れずに。

税金還付
退職したらまずすること
団塊の世代は税金払い過ぎ
退職した年に再就職してなければ100%税金が戻ってくる
再就職すると還付有無がある
退職金の税金を払い過ぎてるかも
どういう人が退職金の税金を払い過ぎているか
平成18年以前に退職した人は定率減税分の税金が還付される
定年後のアルバイトは要注意
税金は申告しないと還付されない
サラリーマンの確定申告はいつでもできる
退職金の税金還付の裏技
自営業者とサラリーマン
年金はなるべく65歳以上でもらう
なるべく雇用保険をもらう
熟年夫婦の年金
離婚は節税?
税金のかからない年金?
無職になったら妻の扶養に
子どもの扶養になる
退職金をもらった年に社会保険料の前納をする
プチ起業で社会保険をお得に
プチ農家になる
雇用保険をしっかりもらう
雇用保険の支給期間を延ばす
税務署員の定年後
サラリーマンの税金を安くする方法
税金はシンプル
息子の年金払ってませんか?
節税忘れ:損害保険料控除
節税忘れ:生命保険料控除
節税忘れ:個人年金控除
シロアリ退治?
バツイチの節税
税金を取り戻す
家を売って損が出たら税金が安くなる
家を買い換えると税金が安くなる
マルサはサラリーマンにも来る?
相続税は金持ちの話?
財産は金で残さない
遺産の半分は配偶者
生命保険の名義
生命保険に相続税がかからない方法
2500万円まで贈与税なしで子どもにお金を贈与する方法
財産は居住用不動産に
毎年コツコツ相続税対策
お墓をつくる
遺言書の作成
相続対策をしていない人
不動産は名義を分散させる
海外に住所を移して退職金の住民税を払わない
家は買う?借りる?
住宅ローン控除
バリアフリー工事で節税
二世帯住宅の効用
二世帯住宅の賢い建て方
定年後の住む場所
退職金での不動産の買い方
投資用不動産は退職年に買う
税金天国の国
税金をしっかり取り戻す
レンタルビデオ?
60の手習いは税金で
親父バンドも税金で
補助金・助成金
勤勉民族
リンク集

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
利回り












税金を還付してもらいます All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。