税理士がこっそり教える節税虎の巻

税金を還付してもらいます〜払い過ぎたぜい金を退職後に返してもらう〜 

実は払い過ぎている税金。その税金を退職後にしっかりと取り戻す方法を説明します。

サイトマップ

退職金の税金還付の裏技

確定申告を済ませたら後はうれしい還付金ですが、この税金の還付金、実は利子も付くという事はあまり知られていないのではないでしょうか?



税金の還付金は、3月15日、つまり確定申告の締め切りの日ですね・・それ以降になると、4.4%の利子がついてくるようになります。

確定申告の後にもらえる還付金は、当然ながら申告後リアルタイムで受けられるわけはありません。

税務署があれこれと手続きを行う機関が必要になるため、還付金を受け取るのは1〜2か月先のことになるのです。

裏返せば、受け取る期日が先伸ばしされるほど、その利子も加算されていくのです。

せっかくなので、この利子をたくさん付けてもらえるとよいですね。

それにはちゃんと裏ワザがあります。

前の項目でお話したように、サラリーマンの退職金は、放っておくと勝手に20%の源泉徴収を受けてしまうため、「退職所得の受給に関する申告書」を提出しなければ大損をしてしまいます。

でも、確定申告をすれば余分に納めた分の税金を還付してもらえるわけです。

それなら、この「退職所得の受給に関する申告書」の提出を、意識して遅らせてみたらどうでしょう。

あなたの退職金は20%の源泉徴収を受けることになりますが、後から遅れて確定申告をすれば、その分還付加算金がついてくることになります。

それも4.4%の金利ですから、一般の市場金利に比べてもかなりお得です。

仮に「退職所得受給に関する申告書」を提出しないまま退職金3000万円を受けた方があったとして、この方が例えばそこから100万円を所得税として源泉徴収されていた場合、確定申告による還付金は500万円になりますが、確定申告をしてからこの還付を受け取るまでに2か月かかれば、500万円×4.4%×12分の2=約3万6千円、たった2か月でこれだけの利子が還付加算されるのです。

退職金の多い人ならさらに高額になりますし、1000万円ほどの方でも、1〜2万円は余分にもらえる計算です。



せっかくもらえるなら、この利子も加算して受け取ることができれば申し分ないでしょう。

そこでもうひと押し、さらに裏ワザをお教えしましょう。

退職金の税金還付の確定申告は、3月16日がねらい目です!

還付加算金の計算は、申告した日から数えて還付されるまでの期間で計算されますから、税務署が手続きに手間取る期間をねらうのです。

税務署では、申告書の処理を3月15日でいったん分けて、まずそこまでの分を片付けるようになっています。

つまり、3月16日に提出された申告書は、後回しにされるということです。

後回しされれば、税務署の手続きに時間がかかり、還付金を受け取るのが先延ばしされます。

敢えて3月16日としたのは、この日が税務署にとって1年で最も忙しい日だからです。

締切に向かって加速的に増えながら提出された大量の確定申告書を前に、まずこれを片付けなければ次の作業に手がつけられないわけですから、必然的に、あなたが提出した申告書の処理も遅れます。

税務署が暇な季節にあっという間に処理が終わってしまった場合、ほとんど無に等しいはずの還付加算金ですが、裏ワザを使うことで漏れなく受け取ることができるのです。

税金還付
退職したらまずすること
団塊の世代は税金払い過ぎ
退職した年に再就職してなければ100%税金が戻ってくる
再就職すると還付有無がある
退職金の税金を払い過ぎてるかも
どういう人が退職金の税金を払い過ぎているか
平成18年以前に退職した人は定率減税分の税金が還付される
定年後のアルバイトは要注意
税金は申告しないと還付されない
サラリーマンの確定申告はいつでもできる
退職金の税金還付の裏技
自営業者とサラリーマン
年金はなるべく65歳以上でもらう
なるべく雇用保険をもらう
熟年夫婦の年金
離婚は節税?
税金のかからない年金?
無職になったら妻の扶養に
子どもの扶養になる
退職金をもらった年に社会保険料の前納をする
プチ起業で社会保険をお得に
プチ農家になる
雇用保険をしっかりもらう
雇用保険の支給期間を延ばす
税務署員の定年後
サラリーマンの税金を安くする方法
税金はシンプル
息子の年金払ってませんか?
節税忘れ:損害保険料控除
節税忘れ:生命保険料控除
節税忘れ:個人年金控除
シロアリ退治?
バツイチの節税
税金を取り戻す
家を売って損が出たら税金が安くなる
家を買い換えると税金が安くなる
マルサはサラリーマンにも来る?
相続税は金持ちの話?
財産は金で残さない
遺産の半分は配偶者
生命保険の名義
生命保険に相続税がかからない方法
2500万円まで贈与税なしで子どもにお金を贈与する方法
財産は居住用不動産に
毎年コツコツ相続税対策
お墓をつくる
遺言書の作成
相続対策をしていない人
不動産は名義を分散させる
海外に住所を移して退職金の住民税を払わない
家は買う?借りる?
住宅ローン控除
バリアフリー工事で節税
二世帯住宅の効用
二世帯住宅の賢い建て方
定年後の住む場所
退職金での不動産の買い方
投資用不動産は退職年に買う
税金天国の国
税金をしっかり取り戻す
レンタルビデオ?
60の手習いは税金で
親父バンドも税金で
補助金・助成金
勤勉民族
リンク集

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
金利 固定 変動



税金を還付してもらいます All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。